せいか舎コラム

養蚕家の帳簿

菅井の松元家には、明治30年代の養蚕に関する帳面が残されており、同家の桑の葉や繭の生産量などを知ることができます。

明治35(1902)年の「桑葉摘入貫数日記」によれば、4月28日に4匁(15g)、29日に12匁(45g)、5月1日に16匁(60g)、合計32匁(120g)の幼い蚕を掃き立てています。

「掃き立て」とは、種紙に張り付いている蚕種(卵)から生まれた幼い蚕を、羽毛のほうきで掃いて、蚕箔などの上に落とす作業のことで、実質的に蚕を飼いはじめることをいいます。

現在では一般的に蚕種1万粒(0.5箱)は5.85g(1.56匁)とされるので(大日本蚕糸会蚕業技術研究所『養蚕』90頁)、この数値で計算すると、同年の松元家では約25万5000頭の蚕を掃き立てたことになります。

この年、松元家では6月4日までの38日間に合計796貫410匁(約2987㎏。検算では806貫410匁=約3024㎏)の桑の葉を摘み取っています。「浜」・「柳」(柳原)・「二本木」・「南辻」など木津川沿いの土地を中心に桑の葉を摘み取っており、木津川の川原沿いに桑畑が多かったことがうかがわれます。この傾向は、明治40年代の地形図をみても明らかです。また、松元家ではこれとは別に少なくとも3名から桑の葉を390貫350匁(約1464㎏。検算では394貫350匁=約1479㎏)買っており、自家で栽培する桑だけでは足りなかったことが分かります。

6月10日・11日・13日には、出来上がった繭を取りましたが、繭の産出量は67貫280匁(約252㎏)でした。このうち約1割にあたる6貫020匁(約23㎏)は玉繭(2頭の蚕が一緒に1つの繭を作ったもの)でした。

また、明治36(1903)年の「桑葉摘入貫数日記」によれば、同家では1番蚕(春蚕)、2番蚕(夏蚕)、3番蚕(秋蚕)の年3回蚕を育てています。明治37年(または38年?)には、1番蚕(春蚕)で「角又」という品種の蚕を育てています(「明治三拾七年度桑摘入日記」)


明治三十五年

桑葉摘入貫数日記

  四月二十八日  松元養蚕場

 

四月廿八日
一弐百目    二本木道
     四匁掃立

廿九日  十二匁掃立

三十日
一百二十目   屋敷
同
一弐百十匁   二本木
同
一三百二十目  屋敷

五月壱日 十六匁掃立

一三百五十目  南辻
二日
一弐百六十目  屋敷
同
一壱貫三百目  浜道
三日
一壱貫目    同
四日
一三百四十目  浜道
同
一五百五十目  柳
六日
一七百五十目  屋敷
同
一八百目    同
七日
一六百七十目  街道

 廿八日掃立桑付ス

 

  三十五年繭産額

十日
一弐貫百五      三.三

一三貫百五十目   

一弐貫二百三十目   二.四

一弐貫二百三十目   二.四

一壱貫六百三十目   一.八

一五百七十目     .七.三

一壱貫八百八十目   二.〇五

一弐貫百三十目    二.三〇

一壱貫五百三十目   一.六〇

一百七十目

一壱貫百目      一.二七.

一百九十目      出□
            已上二階西
一玉壱貫七百目    一.八七

__________________

一壱貫五百三十目   一.七 中

十一日
一弐貫六百三十目   二.八

一壱貫六百三十目   一.□
①桑葉摘入貫数日記
明治35(1902)年/個人蔵